数理・物理学科TOP
ページの本文を印刷

学科主任からのメッセージ

数理・物理学科 教授 本間 正明

数理的・物理的な考え方と応用力を身につけ、
社会の中で問題に対応・解決できる能力を養う

科学の歴史を振り返れば、古代ギリシャの時代から幾何学と自然科学とは相互に作用しながら知見を蓄積して来ました。観察によって現象の法則を見いだす自然科学と美的調和をめざす思考の産物である幾何学とが共振しあっていたのは不思議と言えば不思議なことです。その後、幾何学は数式による記述方法を手に入れ数学となり、自然科学は実験という方法を確立して物理学が成立しました。そうして物理法則を記述する言語として数学は不可欠なものとなったのです。もちろん現代においては、数学も物理もその扱う範囲が膨大になり、それらの重なり合う部分を超えて広がっています。

本学科ではこの広大な数理・物理の肥沃な大地を各自の志向によって歩みを進められるよう、数学コースと物理コースの2コースを用意しています。いずれのコースでも数学・物理の基礎的知識・技能の習得のみならず、それらの考え方を重視しています。これは、広く社会の中で活躍する素地となるでしょう。

 
 
ページの先頭へ