数理・物理学科TOP > 教員紹介
ページの本文を印刷

酒井 政美(さかい まさみ)

 
職名 教授・理学博士
担当科目 解析Ⅰ・Ⅱ
幾何学Ⅰ・Ⅱ
数物ゼミナール
数理・情報科学の世界
数理・物理学研究法
総合理学研究Ⅰ・Ⅱ
卒業研究Ⅰ・Ⅱ
輪講Ⅰ・Ⅱ
専門分野 集合論的位相幾何(Set-theoretic Topology)
ホームページ 「神大の先生」酒井政美のページ
「神大の研究室」 [数理コース] 酒井 政美 研究室
 

主要著書、論文

1) Mizokami and Lin's conjecture on σ-CF* pseudo-bases, Topology Appl. 157(2010), 152--156. 2) The Ramsey property for Cp(X), Acta Math. Hungar., 128(2010), 96--105. 3) On k-networks and weak bases for spaces, Topology Appl. 157(2010), 2383--2388.

略歴

1986年3月 筑波大学大学院博士課程数学研究科修了 日本数学会会員

研究テーマ

関数空間の位相的性質の研究、代数的構造をもつ位相空間の研究

研究内容について

代数的構造をもつ位相空間の研、実数の特異部分集合上の関数空間の研究

 
 
ページの先頭へ