数理・物理学科TOP > 教員紹介
ページの本文を印刷

阿部 吉弘(あべ よしひろ)

 
職名 教授・理学博士
担当科目 解析Ⅲ
集合論
数物ゼミナール
数理・物理学研究法
線形代数Ⅰ・Ⅱ
総合理学研究Ⅰ・Ⅱ
卒業研究Ⅰ・Ⅱ
輪講Ⅰ・Ⅱ
FYS
専門分野 公理的集合論(Set-theory)
ホームページ 「神大の先生」阿部吉弘のページ
「神大の研究室」 [数理コース] 阿部 吉弘 研究室
 

主要著書、論文

1) Notes on subtlety and ineffability in Pκλ, Arch. Math. Logic 44 (2005), 619-631.
2) Combinatorial characterization of Π^1_1-indescribability in Pκλ, Arch. Math. Logic 37 (1998), 261-272.
3) Saturation of fundamental ideals on Pκλ, J. Math. Soc. Japan 48 (1996), 511-524.

略歴

最終学歴1983年3月筑波大学大学院数学研究科数学専攻博士後期課程単位取得後退学

研究テーマ

巨大基数, 無限組み合わせ論

研究室紹介

主にPκλという集合上の組み合わせ原理相互間、及び巨大基数公理との関係を調べている。

 
 
ページの先頭へ